高麗人参ナビ

前へ
次へ

いい高麗人参の選び方とは

豊富な種類の高麗人参

高麗人参にはさまざまな種類のものがあり、その購入方法も多岐に渡ります。それらの中からどのように選べば良いのでしょうか?いくつかポイントがあるので、ご紹介します。

高麗人参を選ぶ際のポイント

高麗人参を選ぶ際にはさまざまな観点が必要となります。ここでは4つのポイントをご紹介します。

産地で選ぶ

高麗人参は朝鮮半島由来の植物ですが、現在は中国、日本、アメリカなど世界中で栽培されています。ただし、厳密にはそれら全てが同じ高麗人参ではないのです。韓国産の高麗人参には、体にいい成分であるサポニンが38種類と最も多く含まれています。なぜなら、韓国の土壌や気候は高麗人参が成長するためにはぴったりの環境であるためです。
これに対し、アメリカ産や日本産ではサポニンの種類が20種類以下となってしまいますので、購入される際には韓国産のものを探すことをオススメします。

目的に沿って選ぶ

高麗人参を選ぶ際、目的を意識して選ぶことも良いでしょう。
例えば、料理に使う場合は、生の高麗人参である水参や、皮が剥かれ乾燥した状態の白参がオススメです。韓国料理のサムゲタンなどではこれらの種類が使われているので、そのような料理を作ってみても良いでしょう。
他に、体にいい成分をたくさん摂取したい場合、皮付きのまま乾燥され、最も多くの加工工程を踏んだ紅参を選ぶと良いでしょう。中でも、6年間に渡って大切に栽培された6年根の紅参は、体にいい成分が多く含まれているためオススメです。

メーカーで選ぶ

韓国内では、無数のメーカーが高麗人参を販売しています。中には、粗悪なものを安価で販売していたり、体に良くない農薬を使用して栽培したものを販売したりしている業者もいます。では、どのようなメーカーの高麗人参を購入すれば良いのでしょうか?基本的には、韓国内のデパートや免税店で売られているメーカーであれば問題はありません。最近は、インターネットで高麗人参を購入することもできますが、その際にもメーカーを意識して選ぶと良いでしょう。

販売業者で選ぶ

高麗人参を購入することができる場は、漢方薬局やデパート、インターネット通販などです。それらの販売業者にはメリットデメリットがあるため、それらを理解した上で購入しましょう。
例えば、漢方薬局やデパートでは、販売員の方と直接相談しながら購入が可能ですが、その分価格が上がってしまいます。場合によっては、韓国で同様の商品を買う場合の何倍もの価格になってしまいます。
一方で、インターネット通販では、高品質なものでも比較的安価に購入することが可能ですが、まれに粗悪品を手に入れてしまう場合もあります。
このように、それぞれのメリットデメリットを踏まえて、自分に合った販売業者から高麗人参を購入しましょう。

自分に合ったポイントを考えよう!

このように、高麗人参を選ぶ際には、さまざまなポイントがあります。自分が大切にしたいポイントは何かを考え、適切な高麗人参を選ぶようにしましょう。

ページのトップへ戻る